私は結婚一年前にJCBのクレジットカードにて借金をしていました。
限度額は20万円まででした。
当時パチスロにはまっていた私は、お金に困るとクレジットカードから現金を引き出し利用していました。
こんなことをしていますと、限度額などあっという間に到達します。
しかし、若かった私は、たかだか20万円ぐらいすぐに返済できると、別に焦りもありませんでした。
パチスロで大勝ちしたら、多目に返済したりもしていましたが、結局また限度額に到達するを繰り返していました。
そんな中、実家暮らしだった私も、交際していた女性と同棲を始めました。
同棲し始めたころはお互い働いていたので、生活にかかるお金は二人で半分ずつ出しあっていました。
ですので、クレジットカードの返済に焦りはありませんでした。
今思えば、この期間で返済しておけばよかったのです。
同棲生活を二年ほど続けるうちに、彼女が妊娠しました。
妊娠を期に結婚を決めました。
更に、妊娠とともに彼女は仕事をやめ、専業主婦になりました。
今まで自由に使えていたお金は全て妻が管理するようになり、私はお小遣い制に。
たかが20万円の借金でも月1万円しか貰えない小遣いは、月々の返済で消えます。
実質小遣いは0円…。妻には借金の話しはどうしても出来ず、1万円を返済したら、多少借りれる金額を借りる…の繰返しの生活になったのです。
この先どうしようかという不安しかありませんでした。
私は、恥を忍んで親に相談し、20万円を親から貸してもらい、毎月無理なく親に返済しました。
借金があるときは眠れない日もあるぐらい不安でした。
20万円の借金でこれですから、二度と借金はしません。
ちなみに、クレジットカードの明細は実家暮らし時代に作成したため、実家に届いていたのが不幸中の幸いでした。