借金。
できれば一度もする事なく過ごせると良いのですが、多くの人が色々な形で一度は経験するのではないでしょうか。
個人での貸し借りもあるでしょうし、消費者金融等を使われる方もいるでしょう。
車や住宅を購入する時にローンを使用される方もいるかと思います。
正しく使えば価値ある物を先行入手して使いながら支払いを行える便利な物ですが、使い方を誤ると非常に手痛い思いをする事になります。
どんな形の借金にせよ、借りた額より多く返す事はほぼ間違いないのですから借りる前にきちんとした返済計画をたてる事が非常に重要かと思います。
偉そうに書きましたが、私自身も若い頃にちょっとした失敗をしましたので経験談を書かせてもらおうかと思います。
二十歳過ぎの就職して間も無い頃に某銀行にて口座を作り給与の振り込みに使用していたのですが、その口座のキャッシュカードにカードローン機能が付いていたのです。
もちろん申し込み時に説明も受けていたはずなのですが、当時の私はあまり深く考えておらず、その機能の事もすっかり忘れていました。
今思うと恥ずかしい話なのですが給料を引き出す時にも明細をきちんと見ずに使用していたのです。
キャッシュカードでしか無いという認識で使用していたのですがそのカードは口座から何か引き落としが有る時に不足分があると自動でカードローンから補填してくれる類の物でした。
当時お金にだらしない所があった私はちょこちょこ不足した状態となって、気づかぬうちにカードローンから補填されローン額が数十万となっていました。
気づいてからは即返済し機能を解除したのですが本当に愚かだったと思います。
以降お金の管理に非常に気を使う様になりましたがこれからも充分に気を付け様と思います。